日本100名城ガイド

松代城

  • 松代城写真1
  • 松代城写真2
  • 松代城写真3
  • 松代城写真4
  • 松代城写真5

千曲川東方にある平城で北信濃を支配するために1560年頃、武田信玄が築いた海津城が前身で、川中島の戦いの武田方の拠点。信玄の死後城主はめまぐるしく変転するが、1622年(元和8)真田信之が上田城より移り、真田氏三代幸道のとき松代城と改めたといわれる。千曲川によって形成された自然堤防の頂部(中央部)に方形の石造りの本丸を築き、土造りの二の丸・三の丸からなる。現在、本丸の太鼓門と北不明門、二の丸土塁等が整備・復元されている。

番号日本100名城 26(日本100名城について
名称松代城(まつしろじょう)
住所〒381-1231 長野県長野市松代町松代44
電話026-278-2801(真田宝物館)
交通・アクセスJR長野新幹線 長野駅から川中島バス松代行きで松代駅下車、徒歩約5分。長野電鉄屋代線 松代駅から徒歩約5分。

【見学】
・散策自由
【駐車場】
・無料

◆日本100名城スタンプ設置場所
・松代城管理棟

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP真田宝物館(長野市教育委員会松代文化施設等管理事務所)

松代城の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。

関連のお城・記事

管理人は2009年6月6日、松代城に登城。 » 松代城の記事を検索