日本100名城ガイド

鉢形城

  • 鉢形城写真1
  • 鉢形城写真2
  • 鉢形城写真3
  • 鉢形城写真4
  • 鉢形城写真5

鉢形城跡は、荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上の天然の要害の平山城。この地は、交通の要所に当たり、上州や信州方面を望む重要な地点。鉢形城は1476年(文明8年)関東管領であった山内上杉氏の家宰長尾景春が築城したと伝えられる。その後、この地域の豪族藤田泰邦に入婿した小田原の北条氏康の四男氏邦が整備拡充し、現在の規模となった。北条氏による北関東支配の拠点として重要な役割を担った。1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原攻めの際には、後北条氏の重要な支城として氏邦は3千の兵とともに籠城。5月13日、前田利家・上杉景勝等の北国軍3万5千人に包囲され攻防戦を展開したが、1ヶ月余りにおよぶ籠城の後に、氏邦は6月14日、城兵の助命を条件に開城し、城は廃城となった。

番号日本100名城 18(日本100名城について
名称鉢形城(はちがたじょう)
住所〒369-1224 埼玉県大里郡寄居町鉢形2496-2
電話048-586-0315(鉢形城歴史館)
交通・アクセスJR八高線・秩父鉄道線・東武東上線 寄居駅下車、徒歩約25分。寄居駅からバスでは、東秩父村営バス和紙の里行き 鉢形城歴史館前下車、徒歩約5分。

【鉢形城公園利用時間】
・散策自由

◆日本100名城スタンプ設置場所
〈鉢形城歴史館受付〉※休館日は駐車場正面入口の郵便ポスト
・開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時まで)
・休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日),祝日の翌日,年末年始
・駐車場 開館日の9時~17時
・入館料 一般200円 学生等100円

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP寄居町(鉢形城歴史館)

鉢形城の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。

関連のお城・記事

管理人は2009年10月11日、鉢形城に登城。 » 鉢形城の記事を検索