国宝の彦根城・信長の安土城・観音寺城を巡る(近畿・北陸編1/4)

2009/09/27 カテゴリ:登城録(近畿地方)

彦ニャン

18日21時に出発。寝袋も車に積んで、臨戦態勢です。

やはり、シルバーウイークが明日から始まるところ、考えることは同じで、前日夜からの移動開始です。トラックが多いのは予想していましたが、乗用車が多いのにはビックリ、予想以上でした。サービスエリアも車でいっぱい。皆適当に仮眠していました。こちらも、約1時間仮眠でしたが、結構明るいのと、トラックのエンジン音が結構気になって、寝たのかどうか・・・?

小谷城

小谷城小谷城

小谷城址朝一番(8時頃)で到着。いよいよ近畿地方の登城です。「熊出没注意」の薄暗い尾根道を進みましたが、危険を感じるため、他のルートを調べ、本丸まで車で行ける道を発見。朝から山歩き開始です浅井長政の居城。標高495mの急峻な小谷山に築かれた戦国時代屈指の山城です。

odanijo-CIMG0275

odani-CIMG0277

odanijo-CIMG0278

予定では、土曜日の深夜の出発でしたので、多少時間的余裕が出来たので、彦根へ向かう途中、「国友」の看板を発見。ここで9時半頃かな。Uターンして「国友鉄砲の里資料館」へ。kunitomo-CIMG0285

ここが、鉄砲の最大の供給地。ここを織田信長や徳川家康が押さえたのが、天下取りの礎に。

彦根城

彦根城国宝 彦根城天守閣

11時。2城目は国宝彦根城です。井伊家の居城。皆が知っている幕末の井伊直弼が城主であった城。大老として安政の大獄や日米和親条約の締結で、桜田門外で、暗殺された人の居城。NHK「花の生涯」(作:司馬遼太郎)で、大河ドラマで見ましたよね?この人がいなければ開国は遅れに遅れたでしょう。

hikonejo-CIMG0306

天守からの展望です。琵琶湖が綺麗です。

hikonejo-CIMG0296

hikonejo-CIMG0301

彦ニャン彦ニャン

ついでに彦根のキャラクター「彦ニャン」です。安土へ出発12時半過ぎ。

安土城

先ずは、信長の館へ。

 

nobunaganoyakata信長の館での復元「安土城天主」

adujijo-CIMG0319

安土城

安土城

彦根城が広いので、結構時間がかかってしまいました。安土城についたときはもう15時を過ぎています。スタンプが「信長の館」(12時30着)に置いてあるものですから、先にここを見たもので、時間が足らなくなってきました。

adutijo

先日、見た映画「火天の城」の舞台です。そう織田信長の居城。ところが、疲れも、頂点ですので、頂上まで続く石段は途中でギブアップ。aduti-CIMG0330
当日予定のもう一城、「観音寺城址」へ。

観音寺城

観音寺城観音寺城址入口

ところが、観音寺城のスタンプを置いてある場所が、今一分らず時間を食ってしまいました。スタンプを押したところで、16時。

急いで「観音寺城址」へ行く専用道路へ向かいましたが、やはりゲート番のおじさんが「もう時間です。このゲートから城跡を見てくるのに1時間はかかるので、残念ながらゲートは開けられません」とたまわりましたので、ここは入口の写真ののみで終了です。残念至極。

本日は琵琶湖の「大津プリンスホテル」泊です。20時30分着です。長い一日でした。
今日は、ここまで、また次回続きをUPします。

«

»