春日山城

  • 春日山城写真1
  • 春日山城写真2
  • 春日山城写真3
  • 春日山城写真4
  • 春日山城写真5

越後守護代から戦国大名にとなった長尾為景が本格的山城として拡充・増強を実施し、跡を継いだ影虎(上杉謙信)が整備強化し、戦国時代第一の要害。為景、朝景、影虎(上杉謙信)、景勝ら上杉家4代の本拠地である。春日山城は、春日山(標高182m)尾根の北先端に本丸を中心とした「実城」と呼ばれる主郭部を置き、周辺に多くの曲輪を階段状に展開し全山にわたり城郭化しており、近接する山々には多くの支城を巡らし、防備を固めている。山の裾野に、延長1.2kmにも及ぶ堀と土塁で総構がつくられていることが特徴で、平成8年に土塁や水掘りが復元整備されている。

 


番号日本100名城 32
名称春日山城(かすがやまじょう)
住所〒943-0819 新潟県上越市中屋敷字春日山ほか
電話025-544-3728(春日山城跡ものがたり館)
交通・アクセスJR北陸本線 直江津駅からバス 春日山荘前経由中央病院行きで春日山下下車、徒歩約1時間。JR信越本線 春日山駅から徒歩約1時間30分。

【見学】
・散策自由
【駐車場】
・春日山神社下駐車場(無料)

◆日本100名城スタンプ設置場所
〈春日山城跡ものがたり館(春日山城史跡広場)〉
・開館時間:9時~16時30分まで
・休館日:期間中月曜(祝日の場合は翌日休)
 ※12月~2月は市埋蔵文化財センター

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP上越市(謙信公の居城・春日山城跡)
登城日2009年8月30日

春日山城の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。