白河小峰城

  • 白河小峰城写真1
  • 白河小峰城写真2
  • 白河小峰城写真3

陸奥関門として重要な地であった小峰ヶ岡に位置する。築城名人と謳われた丹羽長重がこの地に移り10万石の居城にふさわしい城に4年の歳月を費やして大改修した梯郭式の平山城。その後、松平定信をはじめ7家21代の大名が居城したが、1868年(慶応4年)戊辰戦争白河口の戦いで落城。1991年(平成3年)に三重櫓、1994年(平成6年)に前御門が江戸時代の絵図に基づき伝統工法による木造建築で復元され、平成の木造復元天守の第1号となる。


番号日本100名城 13
名称白河小峰城(しらかわこみねじょう)
住所〒961-0074 福島県白河市郭内
電話0248-22-1111(白河市役所)
交通・アクセスJR東北本線 白河駅から徒歩約10分

【三重櫓見学時間】
 ・4月~10月 10時~17時
 ・11月~3月10時~16時
  ※東日本大震災の影響で石垣が崩れたため、白河小峯城の入城見合わせ中
【料金】
 ・無料
【定休日】
 ・年末年始
【駐車場】
 ・あり
◆日本100名城スタンプ設置場所
 ①白河集古苑(城山公園内)
 ②JR白河駅内観光案内所

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP白河観光物産協会
登城日2009年4月19日

白河小峰城の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。