根室半島チャシ跡群

  • 根室半島チャシ跡群写真1
  • 根室半島チャシ跡群写真2
  • 根室半島チャシ跡群写真3
  • 根室半島チャシ跡群写真4

根室半島には一帯にわたり、チャシ跡が存在する。そのほとんどは海抜約5mから50mの海岸断崖上の台地の平坦部にあり、海岸台地上に半円形又は四角形の壕を巡らせている。根室市内には30ヵ所※のチャシ跡の存在が確認されているが、保存状態が良好で、他地域と比較すると分布密度も濃いことで知られている。(※このうち24ヵ所が国指定史跡。チャシは一般的には「砦」と考えられているが、見張場や聖地、談判の場として多目的に使われたとされる。)


番号日本100名城 1
名称根室半島チャシ跡群(ねむろはんとうちゃしあとぐん)
住所〒087-0166 北海道根室市温根元59
電話0153-25-3661(根室市歴史と自然の資料館)
交通・アクセスJR根室本線 根室駅から根室交通バス納沙布線で納沙布岬下車、湯根元漁港方面に徒歩約20分

【根室半島チャシ跡群】根室市納沙布岬ほか24ヶ所
 ・散策自由

◆日本100名城スタンプ設置場所
 ①根室市歴史と自然の資料館
 ②根室市観光インフォメーションセンター(根室駅前)

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP根室市(文化財)
登城日2012年7月1日

根室半島チャシ跡群の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。