武田氏館

  • 武田氏館写真1
  • 武田氏館写真2
  • 武田氏館写真3
  • 武田氏館写真4
  • 武田氏館写真5

武田氏三代(信虎、信玄、勝頼)の城で、甲斐源氏の流れを汲む18代当主信虎が甲斐を統一して1519年(永正16)に居宅を石和から移し、館(別名:躑躅ヶ崎館)を築いたことに始まる。また翌年には背後の山上に籠城するための詰城、要害山城を築いている。四方を水掘りと土塁で固め、周囲に曲輪を配置し、それを水掘りや空掘りでつなぎ防備を固めている。方形をなす主郭は中曲輪と東曲輪で構成されているが、現在は、武田神社となっている。

 

 

 


番号日本100名城 24
名称武田氏館(たけだしやかた)
住所〒400-0014 山梨県甲府市古府中町2611
電話055-252-2609(武田神社社務所)
交通・アクセスJR中央本線 甲府駅北口より北へ一本道2.2km。バス約8分 武田神社下車。

【見学】
・散策自由
【駐車場】
・武田神社第一、第二駐車場

◆日本100名城スタンプ設置場所
・武田神社宝物殿

※掲載情報は2014年10月9日現在
HP甲斐 武田神社
登城日2009年4月12日

武田氏館の周辺地図

※地図のピン位置はシステムで自動取得しているため誤差が生じる場合があります。